個人事業主の税務調査を税理士に相談

個人事業主の税務調査の相談は

税務調査専門税理士
川代会計事務所

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-17パルクビルⅡ2F

03-6808-6537

営業時間

10:00~17:30(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

令和4年7月も10分間電話無料相談実施中

白色申告の税務調査、個人事業主

事業専従者控除について解説します

個人事業主の税務調査において白色申告者については事業専従者控除額を計上していることは珍しくありません。しかし要件を満たしていなかったり、事業専従者控除額の計算が間違っていたりし追徴税額がとられることもありますので、ここでしっかり確認し税務調査に備えましょう。

 まず所得税法という個人事業主(個人)の税金に関する法律の原則的な考え方は個人事業主と生計を一にする配偶者その他の親族(同一生計親族)に給与、家賃、借入金利息は支払っても経費に計上してはいけませんと書かれています。これが原則です。

 しかし、一定の要件を満たす給与については必要経費に計上してもいいですよ、という作りになっています。

そして白色申告者が給与を専ら事業に従事する同一生計親族に支払った場合は事業専従者控除ができ経費に計上できるという流れになっております。

この経費のことを事業専従者控除額といいます。

白色申告者が同一生計親族に給与を支払った場合に経費にできる要件が以下になります

・個人事業主本人の要件

  ・事業的規模の経営をしていること

・事業専従者の要件

 ・給与をもらう同一生計親族が、15歳以上(1231日で判定)であること

 ・給与をもらう同一生計親族がその事業に6ヶ月を超えて(半年超)従事していること

ただし6ヶ月超、働いていたとしても他に職業がある人や学生で夕方だけちょっとだけ親の手伝いをする等「専ら従事」に該当しない場合は認められません。

 

●事業専従者控除額

  個人事業主(納税者)の白色申告の収支内訳書の計算上、控除できる事業専従者控除額、つまり経費として計上できる金額は以下のうち、少ない金額です

①専従者一人につき50万円(配偶者は86万円)

②事業専従者控除前の事業所得(又は不動産所得又は山林所得)の金額÷(事業専従者の数+1)

 

 

 なお同一生計親族とは、簡単にいうと同じ財布で暮している家族です。基本的には一緒に住んでる配偶者や子供、親、あとは例えば一人暮らしをしてる大学生の息子で親からの仕送りで生活してる場合は親と財布は同じですから同一生計になります。なお同一生計親族に該当するか否かは税務署や税理士に相談し、間違えのないようにしてください。

 

★6ヶ月超に注意

 白色申告者が事業を奥さん(生計を一にする親族)に手伝ってもらい、給与を支払ったとしますね。この場合、奥さんが6ヶ月超、御主人の事業に従事していれば事業専従者控除ができます。従事期間が6ヶ月以内だと残念ながらどれだけ給与を支払っても1円たりとも事業専従者控除はできません。

 

 

具体的な事業専従者控除額を確認しましょう

(1)例えば事業所得者で事業専従者控除前の所得金額が300万だったとします。

 事業専従者は奥さんで100万の給与を払っていたとします

 上記の算式に当てはめますと

 ①86万円 (実際に払っていた給与の金額は無関係)

 ②事業所得300万÷(事業専従者の数1+1)150

  ①と②で少ないのは86万なので事業専従者控除額は86万になり

300万-86万で214万円の所得になります

 

(2)(1)で事業専従者控除前の所得金額が100万だったら

  ①86万円 (実際に払っていた給与の金額は無関係)

 ②事業所得100万÷(事業専従者の数1+1)50

  ①と②で少ないのは50万なので事業専従者控除額は50万になり

100万-50万で50万円の所得になります

 

こんな場合はどうでしょう、近所に嫁に行った娘が、毎日実家の事業の手伝いをしている

この場合は、お嫁に行った時点で、財布が別となり娘さんは同一生計親族にそもそも該当しませんので、事業専従者控除ではなく、実際に払った金額が給与として経費に計上できます。例えば50万払ったならば50万、200万なら200万払った金額が経費に計上できますが当然、労務の対価として適正でなければいけないことはいうまでもありません。

 

いかがでしたか?

上記を参考に白色申告者の方は、申告書及び収支内訳書を手元に置き事業専従者控除額を再度確認してください。

 

TOPページへ​

税務調査対応の税理士・川代のプロフィールはこちら

税務調査の相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

川代(かわしろ)会計事務所

03-6808-6537

受付時間:10:00~17:30(土日祝を除く)

代表プロフィール

税理士・川代政和

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

これまでに対応した地域

東京、千葉、神奈川、埼玉を対応地域にしておりますので是非ご相談ください。

東京都

江戸川区・江東区・中央区・千代田区・墨田区・葛飾区・中野区・豊島区・港区・渋谷区・大田区・品川区・北区・板橋区・文京区・練馬区・立川市・多摩市・八王子市

千葉県

浦安市・市川市・木更津市・千葉市・習志野市・松戸市・八千代市・野田市・柏市・船橋市・佐倉市

埼玉県

さいたま市・戸田市・川口市・大宮市・三郷市・草加市

神奈川県

横浜市・川崎市・横須賀市・大和市

03-6808-6537

詳細はこちら

これまでに対応した税務署

東京、千葉、神奈川、埼玉の税務署をほぼ対応したことがありますので、安心してご依頼ください。

東京都

江戸川南税務署・江戸川北税務署・江東西税務署・江東東税務署・日本橋税務署・京橋税務署・麹町税務署・芝税務署・麻布税務署・本所税務署・向島税務署・神田税務署・葛飾税務署・足立税務署・荒川税務署・目黒税務署・中野税務署・豊島税務署・渋谷税務署・新宿税務署・品川税務署・玉川税務署・雪谷税務署・大森税務署・四谷税務署・王子税務署・板橋税務署・小石川税務署・練馬西税務署・世田谷税務署・立川税務署・日野税務署・八王子税務署・町田税務署

千葉県

市川税務署・木更津税務署・千葉西税務署・千葉東税務署・松戸税務署・東金税務署・館山税務署・千葉南税務署・成田税務署・船橋税務署・市川税務署・船橋税務署

埼玉県

浦和税務署・西川口税務署・朝霞税務署・大宮税務署・越谷税務署・川口税務署・熊谷税務署

神奈川県

緑税務署・大和税務署・横須賀税務署・川崎北税務署・神奈川税務署・鎌倉税務署・厚木税務署・小田原税務署・戸塚税務署・保土ヶ谷税務署・横浜中税務署・横浜中税務署

03-6808-6537