個人事業主の税務調査を税理士に相談

個人事業主の税務調査の相談は

税務調査専門税理士
川代会計事務所

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-17パルクビルⅡ2F

03-6808-6537

営業時間

10:00~17:30(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

令和4年7月も10分間電話無料相談実施中

売上を抜いている・売上除外で過少申告・無申告

税務調査の電話無料相談実施中!
税理士川代が直接対応

 税務調査の立会いを数多くしていると、いろんな案件に当たります。

タイトルにもあるように、「売上を抜いてしまった」「売上を除外して過少申告をしてしまったと」「売上どころか税金を払いたくないから申告をしていない、無申告」いう事案も対応したことも数多くあります。

 もし、税務調査の連絡がまだ無く、あなたが以下に該当するときは、大至急、修正申告をしてください。まだ過ち(脱税)をリスクなく清算できます。

 

 もし、税務調査の連絡が来てしまって、以下に該当する場合も大至急、修正申告をしてください、税務調査前、厳密にいうと調査官に会う前なら、まだギリギリ、リスクなく過ち(脱税)を清算できます。(平成2911日以降は、取り扱いが異なります)

  • 美容院・飲食店などの現金商売で売上を抜いて確定申告している
  • 特定の会社や取引の売上を除外して過少申告している
  • 事業の通帳が2つあるが、1つの通帳は無申告
  • 売上が1000万円ちょっとあるが、消費税を払いたくないので900万とか1000万以下にして売上を過少申告している
  • 売上が「通帳の口座に入金される場合」と「現金売上」があるが現金売上は無申告

税務調査の相談はこちら

売上除外、売上を抜いての過少申告・無申告で脱税

脱税・逮捕・新聞に載るなどの最悪の事態

 

 こうなってしまっては、

 家族・取引先などに多大な迷惑がかかります。 

 すでに売り上げを抜いていることを

調査官に指摘されている場合は、

最も重い罰金・重加算税という罰則が

適用され35%増し、

無申告であれば40%増しの税金を

納めることになります。

売上を抜いてしまった場合はいますぐ税理士に相談

税務調査の相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

川代(かわしろ)会計事務所

03-6808-6537

受付時間:10:00~17:30(土日祝を除く)

代表プロフィール

税理士・川代政和

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

これまでに対応した地域

東京、千葉、神奈川、埼玉を対応地域にしておりますので是非ご相談ください。

東京都

江戸川区・江東区・中央区・千代田区・墨田区・葛飾区・中野区・豊島区・港区・渋谷区・大田区・品川区・北区・板橋区・文京区・練馬区・立川市・多摩市・八王子市

千葉県

浦安市・市川市・木更津市・千葉市・習志野市・松戸市・八千代市・野田市・柏市・船橋市・佐倉市

埼玉県

さいたま市・戸田市・川口市・大宮市・三郷市・草加市

神奈川県

横浜市・川崎市・横須賀市・大和市

03-6808-6537

詳細はこちら

これまでに対応した税務署

東京、千葉、神奈川、埼玉の税務署をほぼ対応したことがありますので、安心してご依頼ください。

東京都

江戸川南税務署・江戸川北税務署・江東西税務署・江東東税務署・日本橋税務署・京橋税務署・麹町税務署・芝税務署・麻布税務署・本所税務署・向島税務署・神田税務署・葛飾税務署・足立税務署・荒川税務署・目黒税務署・中野税務署・豊島税務署・渋谷税務署・新宿税務署・品川税務署・玉川税務署・雪谷税務署・大森税務署・四谷税務署・王子税務署・板橋税務署・小石川税務署・練馬西税務署・世田谷税務署・立川税務署・日野税務署・八王子税務署・町田税務署

千葉県

市川税務署・木更津税務署・千葉西税務署・千葉東税務署・松戸税務署・東金税務署・館山税務署・千葉南税務署・成田税務署・船橋税務署・市川税務署・船橋税務署

埼玉県

浦和税務署・西川口税務署・朝霞税務署・大宮税務署・越谷税務署・川口税務署・熊谷税務署

神奈川県

緑税務署・大和税務署・横須賀税務署・川崎北税務署・神奈川税務署・鎌倉税務署・厚木税務署・小田原税務署・戸塚税務署・保土ヶ谷税務署・横浜中税務署・横浜中税務署

03-6808-6537