個人事業主の税務調査を税理士に相談

個人事業主の税務調査の相談は

税務調査専門税理士
川代会計事務所

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-17パルクビルⅡ2F

03-6808-6537

営業時間

10:00~17:30(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

令和4年7月も10分間電話無料相談実施中

個人事業主様で、せどりの方も対応します

「せどり」の税務調査のポイント

「せどり」の税務調査について事例を交え、解説させて頂きます

「せどり」とは中古本や、CD、DVD、家電を仕入れ、ネット上で、ヤフーオークションやアマゾンで売るというスタイルが、最近の「せどり」の典型的なパターンです。

事業としてウン千万、ウン億円と売上げている方もいますし、サラリーマンで副業で趣味で集めた物や生活用品をヤフオクで売っている方もいます。

そして「せどり」について無申告(確定申告していない)の方も多いのが現実です。

最近の傾向として国税局(税務署)は、ネット上のビジネスについては非常に多くの情報収集をしています。ですので、「ばれなきゃいいや」という軽い気持ちで確定申告しないでいるとある日突然、税務署から税務調査の連絡があり、慌てて税務調査に強い税理士を探す方が多いです。

「せどり」の税務調査のポイントは、なんといっても以下の3つです

・売上(ヤフーやアマゾンの手数料控除前の金額で申告されているか否か)

・仕入れ

・在庫(在庫管理は適正か?)

この3つが重点的に調査され、さらに外注費などの経費で架空の経費がないかを調査されます。

「せどり」の税務調査の対応事例1

 アマゾンやヤフーオークションで中古の書籍やDVDを販売していたAさんは、「せどり」をはじめて5年目、青色申告で個人事業主の届け出をだし、自分で所得税の確定申告と消費税の確定申告をしていました。

 数年前の9月ぐらいに税務署から税務調査の電話連絡があり、当事務所にご相談の電話をいただきました。

Aさんと当事務所で面談し、決算書と確定申告書を拝見しましたが、在庫管理と売上の計算が、正直、どんぶり勘定の状態でした。青色申告だが帳簿はつけていなかったので、当初の所得税の確定申告で受けていた青色申告特別控除65万円は、否認されるでしょう。そして在庫の金額が、実際の在庫と大きく乖離しているので、今後は適正に実地棚卸を行い毎年の在庫管理をしっかり行うことを条件に税務調査の立会いを引き受けました。

 税務調査が終了するまで4ケ月程かかりましたが、Aさんの資料、税務調査対象年分3年分を預かり、帳簿を作成し、真実の数字を導きだし、売上や在庫、それぞれの金額は大きく違えど、当初の申告と実際の所得は、所得ベースでは大きく違わないので、その証拠資料をかき集め、税務署の調査官を説得し、修正項目は、ほぼない状態に持っていきました。ただし、青色申告特別控除65万は否認されましたが、これは、やむを得ない修正項目なので修正申告書を提出し、税務調査は完了しました。

Aさんは税務調査を通じ、確定申告の大切さを認識していただき、いまでは帳簿の作成や在庫管理を完璧にやっていただいております。

 

TOPページへ

税務調査対応の税理士・川代のプロフィールはこちら

個人事業主の税務調査

税務調査の必要書類

税務調査は拒否、逃げることはできるか

「せどり」の税務調査の対応事例2

 「せどり」の税務調査の事例2は、野球用品やサッカー用品、テニス用品、バドミントン用品、スキー用品などのスポーツ用品を仕入れ、インターネット上のオークション、ヤフーオークション(ヤフオク)で売り、事業を営んでいるBさんの事例です。

 「せどり」に関する売上や仕入れはエクセルの表でまとまっており、青色申告でしたが青色申告特別控除は10万円控除を使っていたので正式な帳簿は作成しておりませんでした。

 売上についても仕入についても、お金が入金された時、仕入代金を支払った時に、それぞれ売上、仕入に計上し決算書及び確定申告書を作成していました。

いわゆる現金主義ですね。

 でも、このやりかたは、会計上(税務上)の正しいやり方ではありません。

例えば1230日に売上げて、翌年15日に入金された場合は、売り上げた時である12月の売上に計上しなければいけません。

 仕入れも同じく12月に仕入れ、1月に支払った場合は、お金はでていくのは、確かに1月ですが仕入れた時は12月ですので12月の仕入れに計上しなければなりません。

いつ入金されたか、いつ支払ったかは関係ありません。

あくまでも売り上げた日、仕入れた日に、売上や仕入を認識しなければいけないのです。

これを発生主義といいます。

ここの間違いは「せどり」の方は、非常に多いです。

 この発生主義をBさんは、ご存知なかったようですので、修正申告になりました。

しかし、

それ以外の経費などの項目は、それほど大きい問題はなかったので、税務署の調査官に交渉の上、修正申告なしの指導で収まりました。

※「せどり」の方は、税務調査前に、売上や仕入が発生主義で申告されているかご確認頂ければと思います。

 

TOPページへ

税務調査で重加算税

個人事業主の税務調査

税務調査の必要書類

税務調査で青色申告取消?

税務調査の相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

川代(かわしろ)会計事務所

03-6808-6537

受付時間:10:00~17:30(土日祝を除く)

代表プロフィール

税理士・川代政和

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

これまでに対応した地域

東京、千葉、神奈川、埼玉を対応地域にしておりますので是非ご相談ください。

東京都

江戸川区・江東区・中央区・千代田区・墨田区・葛飾区・中野区・豊島区・港区・渋谷区・大田区・品川区・北区・板橋区・文京区・練馬区・立川市・多摩市・八王子市

千葉県

浦安市・市川市・木更津市・千葉市・習志野市・松戸市・八千代市・野田市・柏市・船橋市・佐倉市

埼玉県

さいたま市・戸田市・川口市・大宮市・三郷市・草加市

神奈川県

横浜市・川崎市・横須賀市・大和市

03-6808-6537

詳細はこちら

これまでに対応した税務署

東京、千葉、神奈川、埼玉の税務署をほぼ対応したことがありますので、安心してご依頼ください。

東京都

江戸川南税務署・江戸川北税務署・江東西税務署・江東東税務署・日本橋税務署・京橋税務署・麹町税務署・芝税務署・麻布税務署・本所税務署・向島税務署・神田税務署・葛飾税務署・足立税務署・荒川税務署・目黒税務署・中野税務署・豊島税務署・渋谷税務署・新宿税務署・品川税務署・玉川税務署・雪谷税務署・大森税務署・四谷税務署・王子税務署・板橋税務署・小石川税務署・練馬西税務署・世田谷税務署・立川税務署・日野税務署・八王子税務署・町田税務署

千葉県

市川税務署・木更津税務署・千葉西税務署・千葉東税務署・松戸税務署・東金税務署・館山税務署・千葉南税務署・成田税務署・船橋税務署・市川税務署・船橋税務署

埼玉県

浦和税務署・西川口税務署・朝霞税務署・大宮税務署・越谷税務署・川口税務署・熊谷税務署

神奈川県

緑税務署・大和税務署・横須賀税務署・川崎北税務署・神奈川税務署・鎌倉税務署・厚木税務署・小田原税務署・戸塚税務署・保土ヶ谷税務署・横浜中税務署・横浜中税務署

03-6808-6537