個人事業主の税務調査を税理士に相談

個人事業主の税務調査の相談は

税務調査専門税理士
川代会計事務所

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西5-6-17パルクビルⅡ2F

03-6808-6537

営業時間

10:00~17:30(土日祝を除く)

お気軽にお問合せください

令和4年7月も10分間電話無料相談実施中

Q 税務調査の必要書類はなんですか?

 現金商売は非常に多いです。美容院、飲食店、コンビニなどの小売業、また建設業や建築業では今でも現金でのやり取りが多いのが現状です。

税務調査において調査官は当然、現金商売や現金でも取引は厳しく調査します。

売上を現金で受け取っている場合は特に帳簿の作成状況は最重要調査事項です。

調査官は売上が抜いてないかと疑って調査します。帳簿だけでなく、仕入れの状況や従業員の勤務状況、顧客カルテなどから申告している売上の数字が正しいかをチェックしていきます。売上を抜いている場合は言うまでもなく、あなたの信用がなくなるばかりでなく7年間さかのぼって調査(7年遡及)や重加算税という最も重い罰金が課せられます。ですので調査前に今一度、申告している売上の数字と帳簿の数字が合っているかを確認しましょう。

 支払いを現金で行っている場合ですが、例えば建設業で外注費を現金で支払っている場合で、領収書が貰えなかった場合を例に挙げます。

調査官からすると申告では外注費として経費に落としてますが、果たしてこれが、本当に相手に支払ったかが分からないので当然、架空の外注費でないかと疑います。

ですので、調査前に支払った外注さんから必ず領収書をもらっておきましょう。

 もし外注さんが領収書を頂けない場合は、やむ追えず調査官に素直に伝えるしかないですね。この場合は税務署の調査官は外注さんに反面調査に行くことになります。

領収書がどうしてももらえない場合は、少なくても現金出納帳に支払った旨の記載や業務日報や出面帳の記載から支払ったことを主張しましょう。

 こうことを踏まえても帳簿は、しっかり付けておいた方がいいのです。

※外注さんには、脅すわけではないですが、もし領収書を頂けなかったら税務署が行くことになると思いますと言っても構わないと思います。

 

現金の実際の残高と帳簿残高

 現金の実際の残高と帳簿残高は、本来合ってないとおかしいです。しかし日々、現金出納帳を付けておらず決算時に、まとめて領収書を1年分整理し帳簿付けや会計入力すると

あれっ!なんでこんなに現金残高が多いのだろうとか、少ないのだろうとなるわけです。

帳簿の現金残が50万なのに実際の現金が30万だった場合は、おそらく経費で使った領収書をもらっていない又は紛失しているケースが多いです。

逆に帳簿の現金残が50万なのに実際の現金残が80万だった場合は、現金売上が抜けている場合(売上が計上されていない)も考えられるので税務調査前に今一度確認しましょう。

 あとは特に個人事業主の方に多いのが事業用のお金と生活用のお金が、ごっちゃになっているので帳簿の現金残や貸借対照表の現金残高が異常に多い場合があります。これは事業用のお金を生活用に回したばあいの会計処理ができていない場合がおおいです。

いずれにしても「現金」については税務調査では重要視されますので、不安があるときは必ず税務調査前に税理士に相談しましょう。

 なお税務調査と言えども調査官が現金(お札・硬貨)を手でさわることはありません。

 

税務調査を拒否、逃げることはできるか?

務調査の必要書類

個人事業主の税務調査

TOPページへ​

税務調査対応の税理士・川代のプロフィールはこちら

税務調査の相談はこちら

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

川代(かわしろ)会計事務所

03-6808-6537

受付時間:10:00~17:30(土日祝を除く)

代表プロフィール

税理士・川代政和

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

税務調査の相談はこちら

お問合せはお気軽に

03-6808-6537

お気軽にお問合せ・ご相談ください。

これまでに対応した地域

東京、千葉、神奈川、埼玉を対応地域にしておりますので是非ご相談ください。

東京都

江戸川区・江東区・中央区・千代田区・墨田区・葛飾区・中野区・豊島区・港区・渋谷区・大田区・品川区・北区・板橋区・文京区・練馬区・立川市・多摩市・八王子市

千葉県

浦安市・市川市・木更津市・千葉市・習志野市・松戸市・八千代市・野田市・柏市・船橋市・佐倉市

埼玉県

さいたま市・戸田市・川口市・大宮市・三郷市・草加市

神奈川県

横浜市・川崎市・横須賀市・大和市

03-6808-6537

詳細はこちら

これまでに対応した税務署

東京、千葉、神奈川、埼玉の税務署をほぼ対応したことがありますので、安心してご依頼ください。

東京都

江戸川南税務署・江戸川北税務署・江東西税務署・江東東税務署・日本橋税務署・京橋税務署・麹町税務署・芝税務署・麻布税務署・本所税務署・向島税務署・神田税務署・葛飾税務署・足立税務署・荒川税務署・目黒税務署・中野税務署・豊島税務署・渋谷税務署・新宿税務署・品川税務署・玉川税務署・雪谷税務署・大森税務署・四谷税務署・王子税務署・板橋税務署・小石川税務署・練馬西税務署・世田谷税務署・立川税務署・日野税務署・八王子税務署・町田税務署

千葉県

市川税務署・木更津税務署・千葉西税務署・千葉東税務署・松戸税務署・東金税務署・館山税務署・千葉南税務署・成田税務署・船橋税務署・市川税務署・船橋税務署

埼玉県

浦和税務署・西川口税務署・朝霞税務署・大宮税務署・越谷税務署・川口税務署・熊谷税務署

神奈川県

緑税務署・大和税務署・横須賀税務署・川崎北税務署・神奈川税務署・鎌倉税務署・厚木税務署・小田原税務署・戸塚税務署・保土ヶ谷税務署・横浜中税務署・横浜中税務署

03-6808-6537